夜のピクニック

誰か夜明けを止めてくれたらな

5/16(火) 電話で涼くんを責めてしまった。

5/17(水) 

5/18(木) 電話するけど出ず。

5/19(金)

5/20(土) 夜、電話するけど出ず。LINEを送る。

(この前はきつい言い方してごめんね。この先のこととか色々考えて、続けられたらいいなって気持ちで言ってしまったけど、どうしても嫌なら仕方ないよね...😔)

5/21(日) LINEの返事が来ず、既読もつかない。深夜にiMessageを送る。

(LINE読んでくれないのでこっちに送ります。もうやりとりもしたくないのかもしれないけど、別れたいんだったらそう言ってほしいです。涼くんに対して思いやりのないことを言って傷つけてごめんなさい。これからも一緒に居たくて、でも将来が不安な気がして、あのとき涼くんを責めてしまいました。涼くんが辛いのわかってるつもりだったけど、これからまた職探すのも大変だし仕事の条件も良さそうだったからもったいないって気持ちがあったのと、勝手に自分の経験と重ねて、涼くんもあともうちょっと頑張ってみたらやっていけるんじゃないかなって思ってしまって。でも、涼くんにとっては限界だったんだよね。涼くんの辛さをわかってあげられなくてごめんなさい。)

5/22(月)返事来ず。悲しいのと心配なのと腹ただしい気持ちで、眠れなくて深夜にiMessageを送る。

(涼くん、急に連絡とれなくなって、事故とか病気じゃないか心配だよ。連絡できる状況なら、空メールでもいいので連絡ください。連絡とるのが嫌っていう理由なら、私ももう連絡しないようにします。)

ご飯も食べれなかったし、涙が流れてきて眠れず、一人でいるのに耐えられず、お母さんの部屋で手を握って寝た。

5/23(火) LINEに返事が来た。別に事故でも病気でもないし、永遠に無視されるわけでもないことに安堵感を覚える。もう、返事は来ないと思っていたのでそれ以上やりたりを求めるような内容は書かなかった。別れの核心が強かったので、下手にやりとりして傷つきたくない気もした。この日はご飯も食べれて、眠れた。

5/24(水) 月火よりは、割と平常心で過ごせた。

5/25(木) 仕事に集中したり、人と話して気がまぎれるような気がした。意識して、あまり考えないようにしたいと思った。良くない考えが湧いてくると不安で泣きそうになるし、いいことがない。わからないことはわからない状態で置いておける精神を持つ。白黒はっきりさせたい気持ちもあるし、今のうちでないと話せないお互いの温度とかもあるような気がするけど、こちらから連絡をとろうとするのは、もう怖い。無視された経緯があるから。職場で、同僚の子の彼氏の惚気話のようなものに思いがけなく傷ついてしまう自分がきつい。今週末の結婚式も大丈夫かなぁと思う。音信不通からの自然消滅なんて、ちゃんとと向き合ってない感じがするけど、お互い少ない苦しみで別れられるのだとしたら、こんな風にゆっくり静かに離れていくのがいいのかもしれない。もう傷つきたくない。あんな苦しい涙を流したくないし、相手を嫌ったり嫌われたりしたくない。段々と忘れていけたらいいのかもしれない。喪失感に泣くときもあると思う。でも、きっと涼くんも泣いてるときがあると思う。私のことを思って泣いてくれてるなら、同じ気持ちなら少し救われる。(突き抜けて、涼くんが全然悲しんでないとしたら、それはそれでこちらも冷めるというか、泣かずに済むような気もする) 悲しいときもあるし、平気なときもあるってかんじかな。私がそうだから、涼くんもそうかも。

今は落ち着いてるけど、また後になって寂しくなるのかなぁ...

しっかりしたい。



Fさんの本が届いていた。


期待が膨らみすぎて、拠り所にしすぎて、読むのが惜しいし、読み終わるのが怖い気さえしてしまう。


昨日の夜、やっぱり謝りたくてメールを送った。そこまで傷つけたのだとしたら、怖くなった。

涼くんの傷ついた気持ちを想像した分だけ、今度は自分が傷ついた。

嫌われたと思うと、すごく辛い。


今日、返事をもらえることを期待してたけど、来なくて、また絶望するような気持ちになった。

もう、これ以上は私からは送ることができないから。

無視され続けるなんて、自分の苦しみが深くなるだけでいいことないってわかってる。

現実を受け入れて行こうと思う。

昼も、仕事してる間も、油断したら泣きそうになって、すごく辛かった。

帰り道歩きながら、一人になると泣いてしまった。

いろんなことを思い出しては、寂しくなる。

一週間前に、戻りたいってすごく思ってしまう。後悔しても遅いのにね。

これから行く予定だった場所も、もう行けないんだね。なんて辛いんだろう。

思い出だけが残る。

相手の状況や気持ちを想像して、いろんな考えがぐるぐる巡る。もう、確かめようのないこと。

答えが返って来ない限り、自己完結し続けるしかない。でも、この方が良かったのかもしれないとも思ったりする。


まだいい別れ方をしたのかもしれない、とか。音信不通の方が離れやすいかもしれない。諦められるかもって。


どこかで、まだ期待してる自分も居て、疲れてしまう。


情緒不安だなぁと思う。


ギター教室へ行った時

これからギターを頑張って、サウンドクラウドに載せようと思った時

そういうサークルに入ろうと思った時

お風呂に入った時

さとちんとLINEした時

Fさんの本をパラパラ読んだ時


押し寄せる悲しみの波が、凪のようになる瞬間がある。

こういう風にしてやり過ごして行く他ないんだと思った。


仕事も、頑張ろうと思う。


勉強も頑張らないと。


今日も食欲がなくて夕飯を食べれなかった。

お母さんが心配してくれて泣きそうになる。


もうしばらく哀しみに浸って居てもいいんだと思う。(癖になったら怖いけど..)

悲しみ抜いたら、きっと抜け出ることができると信じたい。




余計なことだけはしないようにする。



もう、私の方からは何もしないようにする。


ずっと未読なのは、そういうことだと思う。


あっけないし悲しいけど

これは一緒に決めたことだと思いたいから。



考えると、泣いてしまう。


文章にする余裕もないけど、いつかの自分のために書く。


着信画面の黒と赤と緑が浮かび上がるのを待っている自分がいる。

LINEの通知にすごく反応してしまう。


待つのは得意じゃない。


自分が言ったこと、したこと、相手の状況、自分の状況をぐるぐると考える。

仕方ないよね って。

ひどいことを言って傷つけてしまったのだとしたら、後悔の気持ちが強い。

嫌われたくなかったし、最後まで味方でいたと思って欲しかった


無職の時期が長かったこととか、仕事が続かないとか、これからの目処も立ってないとか、そういったことについて。

私は下記のように言ってしまった。


「甘えてるんじゃない?」 


「私だって似たような辛い思いしてた時期もあったけど、その時期を耐えて、結果的にいろんな仕事がてきて、いい経験にもなったって思ってるよ。渦中は辛かったけど...。」


「私だったら蕁麻疹出てても行くかもしれないよ。」

(↑これは言い過ぎたと思う...)


私は、私のことばっかり考えてしまったということだよね。

周りの人と比べたらそんな気持ちにもなってしまうんだよ、なんて、正当化したい気持ちも強い。

私だってそれに似たような辛い思いしたこともあったけど耐えたんだよ、とか。自分の尺度でしないよね。


周りの人が羨ましい。確かな将来があることが。


でも、私はこの人を好きになってしまったんだよ。

私はどう思えばよかったんだろう。


将来がないことが悲しくて、責めたくなってしまったとしても、相手を傷つけるべきではなかった。


私は、よく考えないといけない。

(これで本当に別れてしまうのなら、あとは、充分一人で向き合う時間が残されるだけなのだけど...)


もし、元どおりになれて安心したとしても、私は今回のことの根本原因を見つめ直すことと、自立した考えを持つこととをしないといけない。


人を傷つけないようにしたい。

嫌な人間になりたくない...


でも、もう今回は本当に終わりかもしれない。

終わりは、どんな形でやってくるかわからない。きっと、もう既にいろんなところにきっかけが落ちていたんだけど、それに気づかなかっただけなのかもしれないね。


哀しい。


二人の人間の関係性の限界。


昨日は久しぶりにLECへ行った。

それから、たくさん化粧品を買った。

それから、婚活パーティーに行ったけど虚しいだけだった。私はどうかしてる。

夜は、Fさんのtwitterを読んで、すごく救われた。

涼くんにLINEと電話をしたけど返事はなかった。

遅い時間に寝た。


今日はお母さんと宮地嶽神社に行った。

結婚式を挙げている人たちが居た。

八社参りをした。先週お母さんが行ってよかったって言ってたから。私も行ってよかった。

八社参りを終えた時、シマヘビ(?)を見た。

お昼にトマトラーメンを食べて、イオンで結婚式用のバッグの羽織を買えてよかった。


今も返事はないけど、私ももうしっかりしないとね。


もしも、これで終わりなら。

覚悟を持って凛として居たい。


これでよかったのかもしれない。

今までにも、充分辛い思いをした。

勝手に自分が不安になってただけかもしれないけど。


最後に傷つけてごめんなさい。

わかってあげられなくてごめん。

今までありがとう。

大好きでした。今も好きだけどね。


(でも無視するなんて子どもっぽい。それだけ怒りに感じたんだろうな...。

私は、涼くんのことを思いやるよりも、経済的なことを考えたら将来が見えない不安をぶつけたい気持ちが勝ってしまったということなんだね。頼りなくて嫌だなって思ってしまって、優しくできなかった。

私が甘やかしてもいけないと思ってのことだったんだけど、涼くんにとっては甘えでもなく限界だったってことなんだね。

私も伝え方が下手で、涼くんを伸ばすような言い方できなかった。うーんでも、本当に弱ってるんなら、寄り添うこと以外したらだめだよね。涼くんには説教だと思われたし、責めたら人は逃げるんだね。)


嫌われたくなかったなぁと思う。

でも、もう仕方ない。

後悔しても仕方ない。


毎週、週末に会えるのを楽しみにして、私はいつも生きてた。


涼くんの嫌なだったところも思い出してみる。

・キレやすいとか、最終的に突き放すところとか。(今回の感じにも出てる..)

・合コンとか好きなところとか。(付き合う友達もそんな感じ)

・嘘をついたりして、信用できない。(でも、私も人のこと言えないから、だめだね。)

・マメじゃない。(それで、依存心が強い私は落ち着かなくなってしまう)

・夜、一緒だとなかなか眠れなかったりする(涼くんを起こしたりして、相手にも悪いと思ってる)

・経済力がなくて、不安。



こんな感じかな...


涼くんの反応や雰囲気が好きだったよ。

涼くんの顔とか身体の形とかも好きだった。

涼くんとは好きなことなんでも話せて、私はすごく楽しかった。(涼くんは違った?)

いろんなところに連れて行ってくれて、本当に楽しかった。

私、涼くん以外の人に触れられるのは嫌だったんだよ。涼くんがよかった。

思い出がいっぱいあって、目に映る色んなものや、行く先々の場所で涼くんを思い出してしまう。

楽しいこといっぱいあったよね。


だめだね、こんな気持ちではお別れできなくなってしまう。


でも、私も29歳で、結婚したり、子どもも欲しいし、確かな将来が欲しい。

涼くんのことは好きだけど、周りの人の話を聞いていても経済的なことって、きっとすごく大きい。

(でも、結婚したいと思える人なんて現れるのかなとも思う...)


結婚って難しいそうだな...

お金のことや、性格の不一致や。

お互い信頼関係をしっかり結べるのか。


嫌なところを思い出して、これでよかったんだって、思うしかない。


あと、自分がしたことを反省しようと思う。

(でも将来が不安な気持ちが強かったこともわかってほしいから、もうこれ以上余計な連絡は私の方からはできないなと思う。)



家族や、友達や、仕事や、いろんな人間関係を大切にしながら生きて行くしかない。



休みの日、どうしよう...

ギターの練習とか、録音とか本格的にしてみたいけどな。

精神的なダメージがあると勉強がすぐ手につかなくなってしまってだめだなぁと思う。

貫ける強さがほしい。

人のことじゃなくて、私は自分のことをしっかりしないとすべてダメになる気がする。



明日は、Fさんの本が届くから、今はそれだけを支えに乗り切ろうと思う。


明日も仕事。

仕事に集中して、丁寧に取り組める自分でありたい。


今から少しギターを弾いて、それから社会科学を少し読んで、

少しお母さんと話しでもして、

寝ようかな。


夕食を食べる食欲がない。


強くあれ、と思う。

自分に。


失恋を克服する方法や、いろんな人の失恋した話をネットで読んだりして、参考にする。


半年は辛かったけど、ある日突然ふっと楽になる時が来るって。

今は辛いけど、それを信じてひたむきに生きるしかない。

もっと、真っ当で、うつくしいひとになりたい。

劣等感や、嘘を纏う自分が嫌で。

神さまは見てると思う。


辛い感情に向き合うことと、

気持ちを切り替えること

どちらも大事。


気持ちを書きなぐったり

運動したり

何かに集中したり

人と話したり




なんだかおなかが痛い。

連絡を待ってしまうけど、今までも色々あったし、似たような繰り返しでお互い疲弊しているならもう無理なのかもなぁって思って、

やっぱり悲しくて泣いてしまう。


でも、もう今はこれでいいんだ。

こうする以外には何もないから。



今日も平和でした。


昨日の夜もお母さんとお互いの仕事の話を一時間した。

ミスの原因は、

・確認不足

・判断の誤り

に限るということ。



なぜか、化粧品を買いたい欲がすごくあって、さっきまでネットでアイシャドウ、チーク、基礎化粧品を調べまくっていた。


ファンデーションは最近買ったからな。

あ、でも下地はそろそろなくなる。


金曜にM•A•Cのアイシャドウを買うぞー。

結婚式用のバッグも見ないとなぁ。


天神に行った時は、ラデュレのチークを買おう。

アウトレットでスニーカーを買いたい。

パンプスとかヒールも履きたいけどねぇ...

仕事用の服で良さそうなのがあれば、それも。スカート履けるようになりたいが...



結局、涼くんからは電話なし。

今日も職場に行ってなさそうだなぁ...


私もしっかりしないとな。

私が、しっかりしないと。


29歳の1ヶ月目。

大事な時間。

カウントしながら過ごすぞ!!

勉強は日曜以来、またできていないなぁ...

ギターも昨日行った後練習してない。

これじゃダメだ。


部屋を片付けたいなぁ。

化粧品や服が欲しいなぁ。運動もしないと。

人とのコミュニケーションを大事にしたいな。家族、友達、職場の人。

(今、涼くんと一番コミュニケーションをとってると思う...)

しっかりした仕事をしたいな。

(経験値上げ、勉強、就活をしないといけない)

今のうちに親孝行をしたい。


二年以内に結婚したい。

この半年は自分磨きを頑張る。


今の私に思いつくのはこれだけ。

部屋のいらないものも、また少しずつ片付けていかないとなぁ。



今日は、〼が夢に出てきた。

〼と一緒に寝る夢だった。


なんだか...

待ち合わせをして、会えそうで会えない。

そんな夢を見たような気がする。


私は、久しぶりに会えてうれしかった。

もう他の人のものだけど。


それから、涼くんと遊園地にいる場面になり、〼とその彼女(奥さん)を見かけ、見つからないようにその場を急いで離れようとする自分がいた。

涼くんは、なんでそんなに慌ててるの、というようなことを言っていた。


だって、なんか、鉢合わせたくなかった...



未練があるのかな。

現実での私には、そこまでの気持ちはないつもりだけど。友達に戻れないのは惜しいけどね...

うーん。

この前の土曜日に涼くんから「仕事に行ってない」って話を聞いて、私は、涼くんとの別れに実感が増してすごく悲しくなったんだよね。。

だからこんな夢を見たんだと思う。


涼くんといろんなところに出かけるのが好きで、思い出すと幸せな気分になるよ。

涼くんの顔をちらっと見るのが好きです。

じっと見るのも好き。

涼くんとした下らない掛け合いを思い出して笑ったり。涼くんの反応も結構好きだと思う。

(たまに、バカだなぁって思うときあるけど。←これ言ったら怒りそう。あ...キレるところはすごく嫌い。) 嫌なところを思い出すと中和されてしまうな。


平日の私は、先週末に涼くんと過ごしたことを思い出して少し笑ったり、また今週末会えるのを楽しみにすることで、やり過ごしている。

あちらもそうだったらよかったのにな。

私では、頑張る理由にならないのね。


考えること・感じることはそれぞれ違うから仕方ない。


あれこれうだうだ悩んだとしても、決めるときは腹くくって決めなければいけないんだよ、私。


毎日、大切に過ごすんだ。


今週の金曜は久しぶりに石橋さんに会うなぁ。

先週の金曜は久しぶりにのぼ氏に会い、土曜は久しぶりにたくやさんと話した。


誰か、私を正しいところへ導いてくれないかしらね。

ヒントとか方向性だけでもいいから、何か兆しが欲しい。




仕事。

今日は、安定した良い1日だった。

毎日こうだといいのに。